MR(複合現実)関連銘柄

MS02_588x

MRとはMixed Realityの略になり日本語に訳すと複合現実となります。現実空間と仮想空間を混合した空間の事を指し、ARと似たようなイメージを受けますが、

ARは現実世界を拡張する、MRは仮想世界に現実世界を取り込み相互に影響を与えるものという違いがあるそうです。

MR関連銘柄とはMR事業を行っている上場企業の事を指します。

専門的な事でありVR、AR、MRと中々区別しにくいと思いますのでマイクロソフトがMRに関したわかりやすい動画をyoutube にアップしておりますので、それが参考になるかと思います。

MR(複合現実)関連の市場規模

米フォーブス誌によりますとこのMRはスクリーンまたはコンピュータが絡む全てのビジネスに大きく影響を与える可能性があると見解を出しております。現在1200億ドル(約14兆円)規模のフラットディスプレー市場を破壊し、1超ドル(約117兆1371億円)規模の世界的な家庭用電子機器ビジネスを根底から揺さぶる可能性がある程のインパクトがある見ているようです。まだまだ普及には時間は掛かると思われますが、そこから生まれる市場は非常に大きくなる可能性が高く、注目されやすいテーマになる可能性があります。

MR(複合現実)関連銘柄の本命銘柄

メディア工房【3815】

占いコンテンツの有料提供が主力事業となります。世界同時配信によるゲームソフト事業に参入しており、育成中です。同社はARやMR等のコンテンツ開発を手掛ける米DoubleMe社と資本、業務提携契約を締結した事を発表しており、ここからMR関連銘柄として注目を集める銘柄となります。MR関連銘柄の中でも時価総額が小さく、値動きが軽い事からも短期資金が集まりやすく同社がMR関連銘柄の本命銘柄と言えるでしょう。

MR(複合現実)関連銘柄

ブロードリーフ【3673】

自動車アフターマーケットで産業プラットフォームを提供している会社です。タブレット型業務支援ツールで高シェアを誇り、ユーザー数は順調に増加しております。同社は2016年12月19日にARやMR等のコンテンツ開発を手掛ける米DoubleMe社と業務提携を発表している事からもMR関連銘柄として注目を集めております。手厚い株主優待を出す銘柄としても認知度が高く、注目しておきたい銘柄です。

レイ【4317】

イベントや展示会、テレビCM等の企画、製作を手掛けており、映像機器レンタルなども展開しております。同社は広告ソリューション事業においてMRを用いたコンテンツの研究開発を行っている事を発表しており、MR関連銘柄として注目される可能性があり監視しておいた方が良い銘柄と言えるでしょう。

Jストリーム【4308】

ネットによる動画ライブ中継やオンデマンド放送の配信インフラを提供している会社です。映像製作なども手掛けております。同社の子会社であるユーザーインターフェースに特化したデザイン会社アップアローズが2017年の年賀R&D企画としてMR空間上でブレインストーミングが出来るアプリケーション「ぶれすとり!」を2017年1月4日に公開した事からMR関連銘柄として認知されております。同社も時価総額が小さく、値動きが軽い銘柄なのでMR関連銘柄の中でも注目度は高いと言えるでしょう。

クリーク&リバー【4763】

TVゲームweb等映像関係の派遣、製作が主力の会社となりまる。医療をはじめ専門職分野を拡大中です。同社はVR、ARに特化した新会社を設立し関連銘柄として注目されておりますが、この事業ではMRも手掛けている事からMR関連銘柄としてもチェックしておくべき銘柄と言えるでしょう。

イマジカロボット【6879】

映画、CM等の各種映像ソフト、アニメーション、CGの企画制作及び画像、映像機器の開発、販売を行っている会社です。同社の子会社が2016年7月に空間移動型VRベンチャーのABALに出資した事からMR関連銘柄として注目を集めております。

JIG-SAW【3914】

インターネットの自動運用サービスを提供しているシステム運用会社になります。人工知能、5G等幅広いテーマに絡んでいる事から何かと注目されやすい銘柄になります。同社が資本、業務提携している英Kudan社が世界で初めてMRを生成するエンジンをリリースしており、そこからMR関連銘柄として注目を集めております。

安川情報システム【2354】

基幹系、情報系システムの構築、保守組込制御システムの受託開発等を行っている会社です。IoT関連としても人気の高い銘柄になりますが、MR関連としても反応しているだけにMR関連銘柄として注目しておくべき銘柄と言えるでしょう。同社が手掛けるARを活用したサービスには上記の動画にある米マイクロソフト社の「ホロレンズ」が利用される事からMR関連として注目を集めているようです。