1月28日、小頭症との関連が指摘される「ジカ熱」感染がアメリカ大陸で拡大しており、エボラの流行に匹敵するほどの規模と複雑さを秘めた感染危機に直面しているように思える。写真は小頭症の赤ちゃんのX線写真をみる神経科医。ブラジルのレシフェで26日撮影(2016年 ロイター/Ueslei Marcelino)

世界的に広がるジカ熱とは 世界保健機関は28日、米大陸でジカウイルスが「爆発的に」広がっており感染者が最大で400万人に達する可能性があると発表した。ジカ熱は、妊婦が感染すると胎児に「小頭症」と呼ばれる先天異常を引き起こすことが強く疑われている。 ※AFPより引用 ジカ熱の感染経路は 一時期、日本で・・・