FPGA関連銘柄とは

fpga_1

FPGAとはField Program Gate Arrayの頭文字をとったものになります。FPGAとは端的にまとめると後からでも回路の書き換えが可能なロジックデバイスになります。FPGAは1985年に米国のXilinx社によって初めて製品化され以前からあった製品ではありました。それが近年技術革新が進んだ事もあり急速に市場が拡大しており、株式市場の間でも注目を集めているテーマになります。

FPGA関連銘柄とはFPGAの製造、販売等関連した事業を行っている上場企業の事を指します。

世界の大手企業も注目している

米インテルはFPGAメーカの大手を買収

2015年に米インテルはFPGAメーカーの大手である米アルテラを現金167億ドルで買収する事を発表しました。これは事前に報道されていたものよりも金額が大きかった事から市場関係者を驚かせました。それだけFPGAの先行きに対して強気で見ているという事でしょう。

米マイクロソフトも導入

2016年6月に米マイクロソフトも自社のデータセンターにFPGAを導入する事を表明し、注目を集めるきっかけとなった一つと言えます。この導入によってデータセンターのコストが約半分になる結果も出ており、その効果は確かなものだと証明しました。

中国のバイドゥや米フェイスブックなどの巨大なデータセンターを保有する企業もFPGAを導入する事を検討しており、今後注目度は更に上がっていく事が考えられます。

FPGA関連の市場規模

2010年には40億ドルだったものが2020年には85億ドルまで膨らむとの見通しが出ており、急速な市場拡大が見込まれております。IoT、ドローン、遠隔医療、5G、自動運転、人工知能、ビッグデータ等主要なテーマになっているこれらの実現には必要不可欠な部品である事からも今後も需要の拡大は続く事は間違いないでしょう。

使い道は多岐に渡る

画像処理

大容量のデータ処理が可能となる事からFPGAは画像処理での活用が今後広がっていくでしょう。ドローン、遠隔医療、自動運転におけるレーダー等応用範囲は幅広いと言えます。

ビッグデータの処理

上記にもありますが、米マイクロソフトがデータセンターにFPGAを使用し結果が出ている事から他社も追随する事になるでしょう。またFPGAを使用する事によりデータ検索の高速化等が可能になり、この点からもFPGAが今後使用される可能性が高いでしょう。

通信ネットワーク

5Gの様な次世代高速通信を普及させるには現在のモバイル環境では難しいと言えるでしょう。従来使われている機器の能力を遥かに超えるネットワーク範囲とデータ処理能力が必要になる為、FPGAが使われる事になるでしょう。

FPGA関連銘柄の本命銘柄

日本ラッド【4736】

流通や車載などハードとソフトの組成技術に強みを持つ独立系のSIです。同社は電気通信大学とFPGAを活用した高速処理装置の実用化に向けて、技術連携を行っていく事を発表しており、関連銘柄の中でも特に注目度の高い銘柄と言えます。また人工知能、自動運転、IoT関連銘柄としても知名度が高く材料が豊富にある事から買いが向かいやすい銘柄と言えます。時価総額が小さく、値動きが軽い事からも材料が出た際には買いが真っ先に向かう事から同社がFPGA関連銘柄の本命銘柄と言えるでしょう。

FPGA関連銘柄

フィックスターズ【3687】

マルチコアプロセッサの性能を向上させるソフト開発が主力の会社です。同社が製造するNallatech製FPGAアクセラレータボードはアルテラから提供されるSDK for OpenCLを使うとFPGAベースの並列処理システムを容易に開発できるようになる事から今後の需要拡大に期待が高まっております。業績面を見ても高い成長を維持している事も大きなプラスと言えるでしょう。

アバールデータ【6918】

半導体製品など各種機器用モジュールメーカーです。自社開発品と受託品の二つが収益の柱です。同社は搭載したFPGAのカスタマイズでユーザーの目的に合わせた処理をハードウェア化出来る商品であるFPGA対応入力ボードを手掛けております。またFPGA開発キットを手掛けている事からも関連銘柄としてチェックしておくべき銘柄の一つと言えます。

パルテック【7587】

主力がFPGAなどの外国半導体の販売である独立系半導体商社になります。同社はFPGAの最大手である米国のXilinx社の製品を扱っている事からや主力がFPGAである事からも日本におけるFPGA企業としては他社よりも先行している企業と言えます。また5G関連銘柄でもある事から材料は豊富にある銘柄と言えるでしょう。

日本コンピュータ・ダイナミクス【4783】

システム開発、運用サービス、駐車場管理システムが収益の3本柱です。同社はFPGAの並列処理を使ったIRTソリューションを手掛けている事から関連銘柄として目が離せない銘柄と言えます。また電気通信大学と共同でビッグデータを高速処理できるシステムの開発に着手しており、今後の展開にも期待大と言えます。

アルチザネットワークス【6778】

通信計測器の開発業者で携帯電話の基地局や交換機向けが主力の会社です。同社もFPGAを使ったソリューションを提供しております。またパルテック同様5G関連銘柄としても知名度が高く、キャッシュリッチな事からも先高期待の高い銘柄と言えるでしょう。