火山噴火関連銘柄に注目

桜島

日本には火山が多くあります。定期的にどこかの火山の警戒レベルが上がる。もしくは噴火するといった事態が起きます。火山噴火関連銘柄とはこういった火山に関する材料が出た際に物色されやすい上場企業の事です。特に近年では桜島が噴火したり、火山性地震が観測される等動きが活発化しております。

日本は火山大国

日本には活火山が108あり、世界的に見ても非常に多い国と言えます。2015年は箱根でも火山性地震が増え、日に日に注目度が高くなっております。また2014年9月27日に長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(おんたけさん)が噴火し、登山者が噴火に巻き込まれ、多数の死傷者を出した事は記憶に新しいでしょう。

火山噴火関連銘柄の本命

ドローン【2303】

同社は地理情報システムや防災関連のクラウドサービスを行っている事から火山関連銘柄として物色されやすい銘柄です。また同社はドローン関連、ジカ熱関連としても物色されやすく材料が非常に豊富にある会社と言えます。また時価総額も小さく、値動きが軽い事からも個人投資家からの人気を集めやすく火山関連銘柄の本命銘柄は同社と言えるでしょう。

火山噴火関連銘柄

興研【7963】

重松製作所【7980】同様、防塵防毒マスクを手掛ける二大メーカーの内の一つです。噴火から来る需要増加への期待が高く、物色されやすい銘柄です。

日本アビオニクス【6946】

火山監視システムを扱っている事や赤外線監視サーモを手掛けている会社です。同社の赤外線カメラはドローン等にも使用されている事からドローン関連銘柄としても物色されやすく、材料株として買いが向かいやすい銘柄と言えるでしょう。

応用地質【9755】

空中物理探査や火山モニタリングを展開している事から同社も物色されやすい銘柄と言えます。過去に40以上の火山で気象庁の地震計設置を担当した実績もあります。

ウェザーニュース【4825】

民間気象情報では世界最大手の会社です。業績も過去最高益を更新し続けている事や高ROE銘柄である事も大きな魅力と言えるでしょう。

重松製作所【7980】

防塵、防毒マスクを製造販売している会社です。また同社は官公庁向けにも実績がある事からも噴火の際には需要の増加が期待出来ます。