元号関連銘柄とは

news_20160714181728

注目されるきっかけとなったのが天皇陛下が「生前退位」の意向を示されるとの報道が出た事です。生前退位とは天皇の位を生前に皇太子さまに譲るものになります。

この生前退位が行われる事になりますと、元号法により現在の平成から新たな元号に変わる事になります。元号関連銘柄とはこの元号が変わる事によって生まれる特需によって大きく恩恵を受ける可能性が高い上場企業の事を指します。

8月8日に天皇陛下がお気持ちを述べられる姿をビデオに録画し発表される見通しとの事で、8日前後までは物色買いが向かいやすいと言えるでしょう。

元号関連銘柄の本命銘柄

 光陽社【7946】

オフセット印刷用写真製版の大手です。DTP製版、印刷の一体受注を促進中です。元号が変わる事によって生まれる特需で大きく恩恵を受ける銘柄になります。材料が出た先に真っ先に買いが向かう事から同社が元号関連銘柄の本命銘柄と言えるでしょう。

元号関連銘柄

光村印刷【7916】

中堅の印刷会社です。商業印刷やビジネスフォーム、新聞受託が軸となっております。同社も元号関連として材料が出た際には買いが向かいやすい事から注目しておくべき銘柄と言えます。時価総額が小さく、貸借銘柄なのも大きな魅力と言えます。

野崎印刷【7919】

包装資材や紙器、紙工品の大手です。情報機器も手掛けておりタグ、ラベルでは高シェアを誇ります。同社も関連銘柄として買いを集めやすく注目しておくべき銘柄の一つです。加えて、時価総額が小さく、貸借銘柄な事からも大相場に期待出来る銘柄です。

カワセコンピューター【7851】

商業印刷の他、請求書等の印字、発送まで手掛ける情報処理事業も行っております。同社は元号が変わる事によって情報処理事業の需要が大きくなるとの思惑から買われやすい銘柄と言えます。