ロシア関連銘柄とは

 

map-of-russia-in-russian-flag

米国の新大統領がトランプ氏になった事から株式市場で急速に注目を集めております。元々12月に開かれる日ロ首脳会談もあり、何度か脚光を浴びる事もありましたが米国とロシアの関係が最悪だっただけにテーマとして買いが続かなかった経緯がありました。しかしトランプ氏はロシアのプーチン氏を『優れた指導者』と褒め称えている事からも米ロ関係の改善が進み、それが日本とロシアの関係に好影響を与える事が期待されております。

ロシア関連銘柄とはロシア向けのビジネスを手掛けている企業や今回の日ロ首脳会談での経済協力にて恩恵を受ける可能性が高い上場企業の事を指します。

ロシア関連銘柄の本命銘柄

東海運【9380】

太平洋セメント系の会社になります。アジア船ターミナル業務が主力でロシアへの国際輸送に強みを持っております。経済協力の拡大で合意できればロシアへの国際輸送に強みを持っている同社への業績にはプラスに働くとの見方が強く、期待から買いを集めやすい銘柄と言えます。時価総額が小さく、貸借銘柄である事からもマネーゲームへの条件は揃っており今回の材料が出た際にも真っ先に買いが向かった事からも同社がロシア関連銘柄の本命銘柄と言えるでしょう。

ロシア関連銘柄

スパンクリート【5277】

建築用床、壁材のスパンクリート(穴あきPC板)最大手になります。経済協力の中にシベリア鉄道の延伸があり、サハリンから北海道を繋ぐ大陸横断鉄道を日本に作るよう要求しており、これが材料視されております。同社も時価総額が小さい事から値動きが軽く人気化しやすいので関連銘柄の中でも注目度が高い銘柄と言えるでしょう。

トーヨーアサノ【5271】

コンクリートの2次製品の中堅会社です。主力は中低層ビル用の高支持力パイルになりトンネルなどの内部構造材も取り扱っております。同社もロシアと北海道を繋ぐ大陸横断鉄道計画が材料視されております。関連銘柄の中でも遅れて資金が向かう傾向があり、優先順位は低いか。

リンコーコーポレーション【9355】

新潟港軸の港湾運送大手です。倉庫や運輸、商品販売、ホテル、不動産なども展開しております。ロシアへの中古車輸出の玄関口になっている事から関連銘柄として買いを集めております。同社も低位株かつ時価総額が小さく、人気化しやすい銘柄と言えます。

兵機海運【9362】

姫路、水島、神戸、大阪への鋼材一貫輸送に強みを持っております。中ロ韓へ外航海運も手掛けております。同社はロシア向けの航路を持っている事から業績拡大への期待から買いを集めております。

川上塗料【4616】

三井物産傘下の塗料中堅です。同社はロシアの国営ガスプロムに天然ガスパイプライン用塗料を納入した実績がある事から関連銘柄として人気化しております。同社も低位株かつ時価総額が小さい事からも買いを集めやすく、関連銘柄の中でも注目度の高い銘柄と言えるでしょう。

エージーピー【9377】

駐機中の航空機向けに電力供給をしている会社です。幹線空港の固定式電源でほぼ独占と圧倒的なシェアを誇ります。同社は2016年4月に植物工場による野菜の生産、販売を手掛けるエージーピーアグリテックを吸収合併する事を発表しており、経済協力の中に植物工場の技術導入促進が検討されているだけに関連銘柄としてチェックしておくべき銘柄と言えます。既にこの植物工場では低カリウムレタスを出荷が開始されており、今後の更なる生産拡大に期待が高まります。

日本鋳鉄管【5612】

鋳鉄管業界3位の会社です。関東地盤で上水道向けのダクタイル鉄管が主力です。主力事業が水道用の鋳鉄管である事から水道法改正関連銘柄としても買いを集めやすい銘柄と言えます。同社も今回の経済協力で恩恵を受ける銘柄として買いが向かっており、ロシア関連銘柄としてもチェックしておきましょう。