レゴランド関連銘柄とは

lego1

レゴランドとは2017年春に名古屋にオープンするテーマパークです。東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンに次ぐテーマパークになるのではないかと期待されており、今後開業時期が近づくにつれレゴランド関連銘柄が注目される可能性が高いと言えます。

レゴランド関連銘柄とはレゴランドの建設等で何かしら関わっているもしくは開園によって恩恵を受ける上場企業の事を指します。

レゴランドとは?

レゴランドとはレゴブロックで作った高さ2メートルの名古屋城やアトラクション、ジェットコースター、飲食店や物販店等が集まる一大テーマパークの事を指します。敷地面積9.3万平方メートル、総事業費は320億円である事からもかなり大きなテーマパークと言えるでしょう。

上記の通り、東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンに次ぐ一大テーマパークになる事が期待されております。

また合わせてレゴホテルも建設される事も決まっており、経済効果は非常に大きなものになる事が想定されます。2014年の記事にはなりますが、日本経済新聞にて年660億円の経済効果が生まれるとの試算も出ています。

レゴランド自体は世界でイギリスやデンマーク、ドイツ、アメリカ、マレーシア等には既にあります。今回始めて日本に出来る事から開園が近づくにつれマスコミ等で取り上げられる機会は増える事は間違いないと言えるでしょう。

レゴランド関連銘柄の本命銘柄

明豊ファシリティ【1717】

オフィス移転、新設、建築工事で発注者を支援するCM(コンストラクションマネジメント)事業が主力の会社です。同社はレゴランドのCM事業者として大きく関わっている事や時価総額が小さく、人気化しやすい事からもレゴランド関連銘柄の本命銘柄と言える銘柄です。またカジノ法案の可決により商業施設の建設ラッシュが起きる事が考えられそこでの恩恵も大きく受ける事からも業績が急拡大する可能性もあり、要注目です。

レゴランド関連銘柄

森永乳業【2264】

乳飲料、ヨーグルト、チーズ、流動食などが主力製品です。業界2位の大手です。同社はレゴランドとオフィシャルマーケティングパートナー契約を結んでいる事からレゴランド関連銘柄と言えます。この契約はレゴランド史上初との事で森永乳業のブランドを融合させた乗り物をランド内に作るとの事です。時価総額は大きいので短期よりも中長期向けがいいでしょう。

ヨシックス【3221】

名古屋が地盤居酒屋チェーンです。レゴランドがオープンすれば名古屋に行く人が増え、同社の利用者が伸びるとの思惑からレゴランド関連銘柄とされていますが、買いを集める材料としては弱いか。但し、時価総額が小さく値動きが軽い事もありこの点は大きな魅力と言えます。

レゴランド関連銘柄のまとめ

基本的には名古屋に関連した、もしくはレゴランドの建設などに関わった企業がレゴランド関連銘柄として物色されやすいと思います。2017年春開業予定でありまだ先である事からも、注目され始めるのはもう少し先になるかも知れません。

レゴランド関連銘柄に関しても現在三つと少ないですが、今後出てくるようであれば随時追加していきます。