ミラーレス関連銘柄とは

Futurus_25677_5

ミラーレス車とはサイドミラーやバックミラーを全てカメラとモニターで代替した車の事を指します。モニター映像がミラーと同質の画質で同じ範囲以上を映せる段階まで技術が進んでおり、注目を浴び始めております。

2016年6月には国土交通省は道路運送車両法の保安基準を改正し、一定の条件を満たせばミラーレス車が公道を走れるようにするとの方針を出しており、株式市場で注目される機会が多くなる事が想定されます。

ミラーレス車のメリット

燃費の向上

サイドミラーが無くなる事から軽量化、空気抵抗の削減が可能となり、燃費が向上します。

安全性の向上

大きなメリットと言えるでしょう。ドライバーの死角が無くなる事から事故が大きく減らせる可能性があります。特にトラックやバスといった大型車の場合、車体の真後ろに死角がありましたが、カメラとモニターで死角を無くせる事から事故が大きく減るでしょう。

ミラーレス車のデメリット

映像データの遅延、不達

カメラが映像を捕らえてからモニターに表示されるまでのタイムラグやシステムの信頼性や天候による影響を受けない必要があります。

コスト高

国の基準を満たす高精度なカメラやモニターが必要な事から当面は高コストになる事が想定されます。また故障などの保証にも課題が残ります。

ミラーレス関連銘柄の本命

モルフォ【3653】

手振れ補正などのスマホ向け画像処理ソフトのロイヤルティ収入が柱の会社です。同社は自動運転関連としても知名度の高い会社ですが、このミラーレス車関連にも大きく関わっている会社と言えます。同社はパナソニック、デンソーと提携しミラーレスシステムを開発しており、今後の進展に期待がかかります。ミラーレス車に関連した材料が出た際に真っ先に買いが向かう事からも同社がミラーレス車関連の本命銘柄と言えるでしょう。

ミラーレス関連銘柄

テクノホライゾン【6629】

情報通信機器や光学機器の開発、販売、製造している会社です。同社の傘下であるグラフインが安全運転支援装置向けカメラ映像再現ユニットや車載カメラ用超広角レンズ対応アクティブ・アライメント6軸調整ユニットなどを手掛けており、ここから関連銘柄として物色買いが入りやすい銘柄です。時価総額が小さく、値動きが軽い事も大きな魅力の銘柄と言えます。

ザインエレクトロニクス【6769】

ファブレス半導体企業です。同社は車両の四方に取り付けられたカメラからの映像を補正、合成し上方視点映像を作成する為のシステムをを提供している事に加え、後方確認用光学ミラーの死角をなくすための電子ミラーシステムも提供しており、関連銘柄として要注目と言えるでしょう。

市光工業【7244】

ドアミラーも手掛ける自動車照明の大手です。同社は仏のヴァレオと資本提携を結んでおり、ヴァレオはカメラセンサーなどを手掛けている事から関連銘柄として注目を集めております。

岡本硝子【7746】

特殊硝子と薄膜技術に強みを持っている会社です。特殊硝子の中でもHUD用のレンズを量産化しており、このHUD用のレンズはミラーレス車に採用されていることから注目を集めている銘柄です。HUDとは人間の視野の中に風景に透過的に情報を表示させるディスプレイの事を言います。

萩原電気【7467】

名古屋地盤の半導体等の電子部品、機器商社です。同社は広角となる魚眼レンズを使用し後方や側方などの4視点の映像を処理するソリューションを提供しており、今後の需要拡大に期待大と言えます。魚眼レンズで撮影された画像はゆがんでしまいますが、そのゆがんだ映像を変換する技術を持っている事からも他社との差別化も出来ており目が離せない銘柄と言えます。

ミラーレス車の今後の展開

2016年6月から公道を走れるようになる事から注目を集める頻度が増えるテーマだと言えるでしょう。しかし、このミラーレス車は自動運転を実用化するまでの過程にあるだけと考えており、本丸はやはり自動運転の実用化だと言えるでしょう。

課題も多く、高級車などへの普及に進むと想定しますが一般車への普及にめどが立たなければ市場の急拡大も厳しくなるでしょう。材料がでた際には単発で終わる可能性もあるので、早期利食いを意識して本命を中心に取り組むのがいいでしょう。