日銀会合にてマイナス金利の導入を電撃発表

10593921_s

1月29日にサプライズで政策を出してきた為に、市場関係者は驚き大きな衝撃と値動きを見せたのはご存知かと思います。このマイナス金利の導入によって何が起きるのかを詳しく掘り下げて行きたいと思います。

マイナス金利とは

通常の場合、我々が銀行に預金すると利子が付きます。少しずつ増えていきます。しかしこれが、マイナス金利になると、預金している分の利子を、銀行へ払わなければならなくなります。

これがマイナス金利です。

とは言っても今回の「マイナス金利」は日本銀行と各金融機関における金利の話であって、我々が利用する銀行の預金利子がただちにマイナスになる、というわけではありません。

各金融機関は日本銀行に口座を持っており、お金を預けています。今、預けている分には、これまで通り金利は付きますが、これから新規で預ける分についてはマイナス金利(-0.1%)が適用されるとういうのが今回の黒田バズーカの内容となっております。

マイナス金利関連銘柄とは

このマイナス金利を導入する事によって好影響を受ける上場企業の事です。

通常マイナス金利が導入されると銀行売り、不動産、証券が買いとなります。

その中でも大きな上昇が狙える銘柄をご紹介します。

一番大きく影響が受けるのは為替

今回の電撃発表で最も影響を受けるのが為替です。今回の緩和の一番の目的は円安にもっていく事だと私は思っております。円安による企業業績の改善や物価上昇を目指す事は従来からの発言から読み取る事が出来ます。

また通貨高の阻止を狙った例は既にあります。

スイス国立銀行のケースでは、安全な投資先を求めて国内に資金が流入してスイス・フランを押し上げる事を阻止する事が狙いでした。またマイナス金利の導入に際して、スイス国立銀行は「ここ数日間、多くの要因が安全な投資先を求める需要の拡大を促した。(導入は)スイス・フラン建て投資資産を保有する妙味を小さくし、フラン相場の上限維持に役立つ」と説明しました。

スイスは2011年のユーロ圏の債務危機に際して、逃避資金の受け皿となりスイス・フランが大幅に上昇した経験があり、デフレ懸念から対ユーロで上限を設けていました。マイナス金利の導入はそれを守る意味がありました。

今回のマイナス金利導入はここまであからさまなものではありませんが、中国の元安や中国を始めとする世界経済の減速から円高が強烈に進んでいた事を是正するものだったと見ております。

勿論、円安になれば株高も期待出来るのはいうまでもありません。

マイナス金利関連銘柄の本命

プロパスト【3236】

シノケングループと業務提携契約に基づき不動産情報を共有する中で、共同で民泊プロジェクトの立ち上げを行い、シノケングループの連結子会社である株式会社小川建設の技術力を最大限に活用するなど積極的にビジネス展開をしております。また法令に適合した物件を対象に、同社のデザイン力や企画力を活かした付加価値の高いバリューアップ業務を推進している点も魅力。同社は仕手株としても有名であり、値動きの軽さから短期資金が向かいやすく正にマイナス金利恩恵関連銘柄の本命と言えるでしょう。

マイナス金利関連銘柄

アルデプロ【8925】

REITや海外投資家などのニーズに基づき売却の出口戦略を固めたうえで、収益ビルやマンションを買収しリフォームや管理組合の設立サポートなどにより付加価値を高め販売しています。アルデプロでは、このビジネスを「不動産再活事業」と定義しております。同社も低位株である事から物色されやすい銘柄です。

日本商業開発【3252】

テナントによる商業施設建設を前提に底地取得し売却益を狙うビジネスモデルを展開しております。REITや自社組成ファンドへの売却もしている。業績が急拡大している事からも買いやすい銘柄です。

プロパティエージェント【3464】

東京23区及び横浜地区における資産運用型不動産の開発事業及び販売事業を展開する不動産開発販売事業のほか、資産運用型不動産にかかる賃貸管理サービス、賃貸仲介サービス及び建物管理サービスを提供するプロパティマネジメント事業に取り組んでおります。値動きの軽さから個人投資家に人気の銘柄です。

インベスタークラウド【1435】

アパート経営したい人にオンライン上で土地を紹介し、デザインアパートの提案・建築・賃貸管理のワンストップサービスを提供するアパート経営プラットフォームなどを展開している会社です。同社もマイナス金利導入後、強烈な買いが入るなど関連銘柄として人気が高いです。

AMBITION【3300】

東京23区を中心に借り上げた居住用不動産を転貸するサブリースが主力の会社です。また民泊関連にも参入するなど材料が豊富にある事や値動きの軽さが魅力の銘柄です。

アコム【8572】

マイナス金利導入による金利低下効果から調達コストが削減する事から業績に追い風です。同業の中では個人投資家に人気があり、物色されやすい銘柄です。

アイフル【8515】

アコム【8572】と同様、業績への追い風から買いが入りやすい銘柄です。また同社は2014年10月31日行われた追加金融緩和で最も早く反応し、急騰した銘柄です。

ケネディクス【4321】

独立系不動産ファンドを運営しております。資産運用残高では国内最大級です。同社もマイナス金利導入を受けて、大きく動いた銘柄の一つであり、業績も堅調な点は魅力と言えるでしょう。