ブロックチェーン関連銘柄とは

bitcoin-network-expand

ブロックチェーン関連銘柄とはフィンテックにおいて必要不可欠であるコンピュータシステムであるブロックチェーンの技術開発やサービス提供に関連した上場企業を事を指します。

国内で唯一のプライベートブロックチェーンを手掛けているテックビューロの動向には注目が集まっており、事業提携等の材料が出た銘柄は例外なく急騰しており、今後も株式市場の注目を集め続けるでしょう。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは分散型のコンピューターネットワークの事を指し、元々はビットコインから生まれた技術です。中央の特権サーバが決済履歴を管理する事なく、さらに特殊な電子機器を用いる事なく、決済出来る画期的な技術と言えます。

また全取引履歴のデータが世界中に散らばっていて、みんなでシステムを監視し合っている為、特定の人によるシステムのハッキングを防止する事が可能になります。みんなで構築するネットワークがブロックチェーン・テクノロジーであり、第二のIT革命とも呼ばれております。

このブロックチェーンを応用したら、全ての仲介役を省く事も可能になり、既存の保管、管理団体には脅威の存在と言えるでしょう。

世界中の大企業がブロックチェーンを導入

米ナスダック

米国NASDAQ OMXグループは、未公開株式市場向けのインフラテクノロジーとして、ブロックチェーンの導入を目指し技術開発を進める事を発表しております。株式取引所のような中央集権的組織を必要としないシステムにはブロックチェーン技術は最適といわれており、今後の展開には期待です。

IBM

同社はエンタープライズ領域におけるブロックチェーンの導入を本格化させることを表明。ブロックチェーンを様々な業界におけるビジネスソリューションの一つに位置づけるとの事です。また日本IBMと株式会社日本取引所と共同で低トランザクション市場を想定したブロックチェーン技術に関する実証実験を2016年3月から支援する事で合意している事からもその力の入れようが見て取れます。

アクセンチュア

同社はブロックチェーン技術の導入支援に特化した専門チームを発足させ、金融機関向けにサービス向上などの支援を行う事を発表。またブロックチェーン技術に関する研究開発を行うDigital Asset Hoidings社と提携もしております。

注目を集めるテックビューロ

日本で唯一のプライベートブロックチェーン技術を有している企業と言われており、テックビューロとの事業提携は例外なく急騰している事からも個人投資家からの注目度は高いと言えます。今後も様々な企業との提携や協業等の材料が出てくる可能性は高く、可能な限り初動に乗るのがベストでしょう。

ブロックチェーン関連銘柄の本命銘柄

 ロックオン【3690】

インターネット広告の運用サポートサービスを提供しており、ECサイト構築関連も行っております。2015年にテックビューロとブロックチェーン技術をECサイトに応用する為実証実験を2016年1月から共同で行う事を発表しております。同社は将来的にはこのシステムの独占販売や大規模ECサイト構築の受注を視野に入れており、今後が楽しみな銘柄と言えます。同社本業が好調に加え、値動きの軽さから物色されやすく同社がブロックチェーン関連の本命銘柄と言えるでしょう。

ブロックチェーン関連銘柄

さくらインターネット【3778】

データセンター運営の業界大手になります。同社も2015年12月にテックビューロとブロックチェーンの実証実験環境「mijinクラウドチェーンβ」を金融機関やITエンジニア向けに無料で提供する事を発表しており、幅広い分野でのプライベート・ブロックチェーンの利用促進を促しております。ブロックチェーン関連としては、同社も代表的な存在と言えます。既に一度大相場を作り上げている事からも今後も高い注目を集め続ける銘柄と言えるでしょう。

SJI【2315】

フィスコ系のネクスグループ傘下で経営再建中の会社です。同社も2016年にテックビューロとブロックチェーン技術のフィンテック実証実験と販売に向けての協業を開始する事を発表し、関連銘柄として注目を集めるようになりました。低位株な事からも仕掛け的な買いを集めやすい銘柄と言えます。

フォーサイド【2330】

携帯コンテンツ配信を主力としていた会社ですが、電子書籍をはじめ多角化に動いております。同社もテックビューロと2016年3月に業務提携し、フォーサイドが運営するスマートフォン向けのSNSアプリ「Catchboard」上のポイントサービスにおいて、テックビューロが提供するプライベートブロックチェーン技術「mijin」を用いた実証実験を実施するとの事です。

アイリッジ【3917】

集客、販促でネット、実店舗連携のo2o施策支援を行っている会社です。テックビューロと事業提携しプライベート・ブロックチェーンをバックエンドに用いた金融系スマホアプリの開発に取り組む事を発表しております。実用性の高いアプリの開発に成功すれば、業績の急拡大が望めブロックチェーン関連銘柄の中でも特に押えておきたい銘柄の一つと言えるでしょう。

インフォテリア【3853】

日本発のXML専門ソフト開発会社です。テックビューロと事業提携し両社のソフトウェアを組み合わせる専門接続アダプタを開発し、その実証実験を2016年1月から行い4月から発売する事を発表しております。両社は協業により金融システム構築、運用コストを従来の10分の1以下にする開発プラットフォームの提供を目指すとしており、今後の展開から目が離せない銘柄と言えるでしょう。

GMOインターネット【9449】

レンタルサーバー等中小企業向けネットサービス、広告を展開している会社です。2016年2月にテックビューロと業務提携を発表しており、テックビューロのプライベートブロックチェーン技術「mijin」をベースとしたゲーム用バックエンドエンジンを共同開発するとの事で2016年秋ごろから販売開始予定です。