テロ対策関連銘柄とは

maxresdefault

近年、世界中でテロに遭遇するリスクが高まっております。日本は島国の為、テロリスト入国しにくい利点がある為ピンとこないかも知れませんが、世界の至る所でテロリストによる事件が起きております。

今後、日本では2020年の東京五輪、2016年の伊勢志摩サミット等テロリストに狙われる危険がある国際的なイベントがある為、テロ対策は注目される機会が増えるでしょう。

テロ対策関連銘柄は、警備、監視カメラ等テロ対策に関連した事業を行っている上場企業の事を指します。

テロ対策は世界中で必須

パリ同時多発テロ

最も世界に衝撃を与えたテロの一つと言えるでしょう。

フランス対ドイツが行われていたスタジアムの近く、パリ中心部のレストランやカフェの近くで銃乱射。コンサートホールで男が銃を乱射し、客を人質にと僅か30分間の間に8箇所で爆発や銃撃が起き、少なくとも129名が死亡したとする、歴史に残る衝撃的な事件と言えます。

ジャカルタで発生したテロ

インドネシアの首都ジャカルタでは2016年1月14日に銃撃事件が発生し、実行犯と見られる5人と民間人2人の計7人が死亡しました。

どちらも実行したのはISISです。世界的な経済格差などを理由にISISに入る若い人が世界中で増えており、テロの危険性は世界中で非常に高くなっていると言えるでしょう。

いつどこで起きるのか分からない

こういったテロ事件を受けて、厳戒態勢を取る国は少なくありませんがそれでもテロを防ぐ事は容易ではありません。幸い日本は島国な為テロリストの入国が難しい利点があるとはいえ絶対起きないわけではありません。特に海外に行く方はテロに遭遇した時の行動は頭の片隅に入れておく必要があると言えるでしょう。

政府もテロ対策に本腰を入れる

2015年にはフランスのパリで発生した同時攻撃を受けて、政府は伊勢志摩サミットへの対策費として約140億円を計上する事を決めております。また国民生活の安全確保を念頭に置いた「喫緊の課題への対応」として3000億円計上している事からも、政府がテロ対策に力を入れ始めている事は間違いないでしょう。

2020年の東京五輪を見据えて

日本は上記の通り、島国である事や無宗教である事からテロリストの標的になる可能性は低いと言えます。しかし2015年に話題となった安保法案により、今後変わってくる可能性もある事から油断は禁物と言えるでしょう。

テロ対策関連の市場規模

 監視カメラの需要が拡大

2015年に発表された矢野経済研究所が発表したレポートによりますと、2018年にはおよそ1.7倍の規模に成長するとの見通しです。公共施設やインフラでの導入が見込まれており、アジア地域での需要拡大が見込めれております。中東地域の建設需要やテロ対策・監視システム需要の拡大等が見込める事や先進国では需要高度化や高画素化が進展し、画像分析などより高度なシステムへの移行が見込まれているとの事です。

テロ対策関連銘柄の本命

 RSC【4664】

警備事業の中堅会社です。政府のテロ対策強化方針を受けてイベント会場や重要施設の警備などで需要増が期待されている会社です。材料が出た際には真っ先に買いが向かう点や値動きが軽く大きな上昇を過去何度か見せている点からもテロ対策関連としては同社が本命銘柄と言えるでしょう。

テロ対策関連銘柄

日本アビオニクス【6946】

空港、線路などへの人の侵入を検知する赤外線サーモグラフィ等を製造している事から関連銘柄として有名な銘柄です。同社は宇宙関連、ジカ熱関連、火山噴火関連としても知名度の高い銘柄なだけに材料が豊富な会社と言えるでしょう。

トスネット【4754】

建設現場やイベントの交通誘導警備が主力の会社です。また施設警備でセコムと提携している会社でもあります。RSC【4664】同様、政府のテロ対策強化の恩恵を大きく受ける事から買いを集めやすい銘柄です。

重松製作所【7980】

産業用防毒マスクを手掛けており、高シェアを誇る会社です。テロが発生した際には需要増の期待から物色されやすい銘柄です。

興研【7963】

防塵、防毒マスク二大メーカの内の一つです。防衛省向けに関しては独占供給をしております。重松製作所【7980】同様にテロ発生時には需要の高まりを期待した買いが大きく入りやすい銘柄です。

サクサ【6675】

2014年には羽田、成田両空港で行われた顔認証装置の実証実験に参加しております。顔認証装置の精度は年々増しており、今後の採用される事になれば同社の業績には強烈な追い風になるでしょう。今後の展開に要注目に会社です。

池上通信機【6771】

防犯カメラを手掛けている会社です。夜間、高所監視システム等も手掛けており、今後の需要拡大が期待される会社です。テロ対策特殊装備展2015に出展している企業である事も、今後の新製品に期待出来る会社と言えるでしょう。