スマートロック関連銘柄とは

505521

スマートロックとは、既存の錠を何らかの手法により電気通信可能な状態としてスマートフォン等の機器を用いて開閉、管理を行う機器、及びシステムの総称の事を指します。2015年から多くのスマートキーが国内市場に出回っており、今後普及が急速に進む事が想定されており注目されております。

スマートロック関連銘柄とはスマートロック事業を手掛けていたり、スマートロック企業に出資したりしている上場企業の事を指します。

スマートロックのメリット

 防犯性の向上

スマートロックの種類によってはオートロック機能が備えられているものがあります。集合住宅で発生した空き巣被害のうち4割以上が鍵の閉め忘れによって起きているという警視庁のデータもありますので、導入により空き巣被害は少なくなるでしょう。また既存の鍵にプラスしてスマートロックを取り付ける事もできますので、一つのドアに対して二重、三重のロックをする事が可能となります。

シェアが可能

スマホのアプリを使うことで自由に鍵の権限を設定する事が出来ます。これによりベビーシッターやハウスキーパーを依頼している家庭等ではメールやLINEで自分の家の鍵を送る事が可能となります。鍵には有効期限を定める事が可能で、指定の日時を過ぎれば鍵は使えなくなります。

鍵をなくしても大丈夫

スマートロックの鍵はスマホになりますが、そのスマホを無くしても大丈夫なように作られております。なくした際には別のスマホに専用アプリをインストールし、ログインすれば使用可能となります。

スマートロックのデメリット

 電池切れのリスク

スマートロック本体は電池を使っておりますので、その電池が切れると開け閉めが出来なくなります。しかし、多くの機種には電池の容量が減ってくるとアプリの画面等に警告を表示してくれます。

手順が面倒

スマートロックで解錠する際にはスマホを出し、アプリを起動し、解錠ボタンをタップするという手順を踏む必要があります。毎回毎回この手順を踏むのが面倒と感じる方もいるかもしれません。

スマートロック関連の市場規模

スマートロックを筆頭にありとあらゆるものがインターネットと繋がるIoT。今後急速な市場の拡大が期待されております。IoTの世界の市場規模は2020年に365兆円と言われており、超巨大市場と言えるでしょう。

一部ではスマートロック市場は1兆円までの成長が見込めると言われており、ここからの急速な市場拡大に期待が掛かります。

民泊が起爆剤となる

急激に増えている訪日外国人数、日本は現在ホテル等の宿泊施設の不足が深刻な問題となっております。これを解決する為に空き家を利用する民泊が急速に普及しており、政府も規制緩和に動き始めている事からも今後の普及は更に加速していく事が考えられます。

この民泊の普及がスマートロック普及に強烈なアシストになる可能性が高いと見ております。

民泊事業を運営していく上で、最も大変なのが清掃作業その次が鍵の受け渡しとされております。郵便ポストなどを利用している所も多いのですが、ほとんどが手渡しとなっているのが現状です。手渡しの場合どこかで渡す事になる為、どこかで待ち合わせしなければいけません。そして、時間通りにくるゲストはまれで大体が遅刻してくるそうです。

この問題をスマートロックを使う事により、解決する事が出来ます。上記の通り、メールやメッセージアプリで鍵を送信できる事に加え、通常の鍵と違って合鍵を作られるリスクも無い為防犯上の問題も解決してくれる事になります。

民泊の普及が進めば進むほどスマートロックの普及に加速が付くと見ており、民泊と相関性が高いテーマと言えるでしょう。

スマートロック関連銘柄の本命銘柄

システムソフト【7527】

アパマンショップHD【8889】傘下のシステム開発やWebマーケティング支援事業などを手掛けている会社です。同社は2016年にアパマンショップHD【8889】さくらインターネット【3778】と共同でスマートロックを取り扱うHomeIoT事業の合弁会社を設立しており、一気に関連銘柄として注目を集めた銘柄と言えます。時価総額も小さく、値動きが軽い事から資金が一気に向かった際の値動きには魅力があります。加えて、材料が出た際には買いが真っ先に向かう事からも同社がスマートロック関連銘柄の本命銘柄と言えるでしょう。

スマートロック関連銘柄

ネクスト【2120】

不動産情報検索サイト「ホームズ」を運営している会社で、掲載物件数で首位です。2015年3月にフォトシンスと共同で不動産物件の内覧時にスマートキーを活用するスマート内覧の試験運用を開始するとの発表もしており、スマートロックに関しては他社に先行している会社と言えるでしょう。また2016年4月にはQrio社と連携し不動産店舗向けに「Qrio Smart Lock」を活用した内見予約機能を提供する事も発表しており、関連銘柄の中でも注目度の高い銘柄と言えるでしょう。

アパマンショップHD【8889】

傘下に賃貸斡旋のアパマンショップやPM会社があります。2015年にQrioと業務提携をしており同社のスマートロックを活用した不動産管理や鍵管理の効率化への推進を進めていくとの事です。また2016年にはシステムソフト【7527】とさくらインターネット【3778】と共同でスマートロックを取り扱うHomeIoT事業の合弁会社を設立しており、今後に期待大の会社です。

さくらインターネット【3778】

データセンター運営の業界大手の会社です。上記の通りシステムソフト【7527】アパマンショップ【8889】と共同で2016年にスマートロックを取り扱うHomeIoT事業の合弁会社を設立しており関連銘柄として注目度の高い銘柄と言えます。また同社はこれに加え、フィンテック、ブロックチェーン関連として個人投資家から認知度の高い銘柄となっており注目度の高い銘柄と言えるでしょう。

日本ユニシス【8056】

2012年から大日本印刷の資本下になったSI大手の会社です。同社は2015年にフォトシンスのスマートロックロボットを活用したオフィススペースにおける実証実験を三井不動産【8031】とフォトシンスと共同で実施する事を発表しております。スマートロックを活用したサービス開発を進めており、今後の動向には要注目と言えるでしょう。

KDDI【9433】

携帯電話と共に光回線事業を展開している総合通信会社の大手です。同社が運営している「KDDI Open Innovation Fund」を通じてスマートロック事業を手掛けているAugust Homeへの出資を発表しております。August Home社は米国に拠点を置いている会社で、スマートロック市場は欧米が先行している事もあり有望な投資先として同社は注目しているようです。

ソニー【6758】

イメージセンサー、ゲーム、映画・音楽分野に注力中のAV機器大手の会社です。同社と投資会社WiLは共同でQrio社を設立しておりスマートロックの開発に力を入れております。上記の通りQrio社はネクスト【2120】アパマンショップHD【8889】と業務提携を次々と決めている事からも同社が作るスマートロックは他社よりも優れた点が多く、今後の更なる需要拡大に期待の持てる銘柄と言えるでしょう。